映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。こちらのページをご覧ください。




到来 ネットTV時代
放送と動画を自由に行き来 無限化する映像コンテンツ需要
制作・編成力が最強のツール ビッグデータ活用で新たな鉱脈も

 テレビとネットの一体化が加速している。OTTサービスの拡充が進むなかで、テレビのネット接続率は確実に高まる傾向にあり、テレビは多彩なデジタルコンテンツを楽しめる高度な総合メディア端末へと進化してきた。一見、既存の放送産業に厳しい環境に映るが、そうではない。既存の放送事業者が培ってきた、番組制作力とコンテンツの蓄積は、ネットテレビの時代にこそ真価を発揮する。ビジネスモデルや制度を新時代に対応させれぱ、テレビ産業がネット時代をけん引できるはずだ。(続きを読む)

 2018/1/1号 主な記事
2018年の業界展望
大分ケーブルテレコムが「社内部活」で地域貢献
ヨコシネ ディー アイ エーが2式目の4Kスキャナー導入
Inter BEE 2017レポート
映像・情報通信関連の主要年間行事一覧
 特集
展望 2018
新時代切り開く重要な年 ネット時代へ対応するTV
├ネット同時配信 4サービスをシームレスに 視聴者に利便性の体験
├ハイブリッドキャスト 動画配信基盤に進化 「ハイビデオ」前面に
├動き見せ始めた民放キー局 TBSと日テレが駅伝中継で放送とは異なるCM展開
└新4K8K衛星放送 受信機は9月ごろに発売 各局の4K対応進む
・映像プロダクション 求められる"働き方改革"
・IT・AIの活用が不可欠 新規ビジネス早期実現 新興企業に多い「一発芸」
・用途広がる大型映像システム 五輪などスポーツイベントで活躍
・進化を続けるディスプレー装置 大型LEDはさらに高精細化
 放送
到来 ネットTV時代 放送と動画を自由に行き来
本紙記者座談会 回顧 地上波TVの2017年 スポンサーが“脱視聴率”
 CATV/CS
スカイツリータウン内で実施 1-3日に正月イベント 書初めやトークショー/J:COM
 プロ機器
業務用HD液晶ディスプレー SDI光延長器は6系統対応/エーディテクノが発売
ダビンチリゾルブの教育プログラムを開始/ブラックマジックデザイン
シネXツールズが字幕の編集に対応/ニューエックスが発表
クラウドでビデオを制作・配信 変換やストレージサービスを提供/AWS
Inter BEE 2017 レポート
├各種IP伝送装置をデモ WDM機器や既設設備と連携/PFU
├ネットワークスイッチ実演 イベント演出向けに提案/LuminexJapan
├オールインワン実現したライブ制作システム出展/武蔵
└HEVCモバイルエンコーダー 最大10回線を束ねて配信/キャムキャスト7
 


2018年1月1日号
発売中

映像新聞は
毎月4回(月曜)
の発行です






 

 
会社概要 | 映像新聞とは サイトマップ | お問い合わせ | 当ウェブサイトご利用にあたって | 個人情報の取り扱いについて
©Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社