映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。こちらのページをご覧ください。


ISLE2019ツアー

ISLEとは? ISLE2018を取材した本紙記事をご参照ください


WOWOW
映像・音楽で新たな表現力
6Kシネマカメラをドラマ撮影に

最新作ではカールツァイス新レンズ 連続ドラマの8K収録も

 WOWOW(東京都港区)が4K放送の開始(2020年12月)に向けて、映像・音声技術で新たなエンターテインメントの方策を模索している。現在、ソニーの6Kフルサイズセンサー搭載シネマカメラ「VENICE」で、ドラマ撮影を展開。最新作では、カールツァイス製の新フルサイズレンズを全編で使用し、その質感に手応えを得ている。また現在放送中の連続ドラマW『コールドケース2 ~真実の扉~』は全編8K HDRで収録し、4K HDRで編集して試写会を催した。10月のテニス楽天ジャパンオープンでは3Dサラウンド生中継を実施している。〈続きは本紙で〉

 2018/12/17号 主な記事
ビコムがオリジナルのUHD BD制作メインカメラは8K
SIGGRAPH Asia 2018報告過去最多の来場者で盛況
二つの政府検討会(上) オールジャパンは不成立 <NHK常時同時配信>
Inter BEE 2018レポート(5)
 放 送
映像・音楽で新たな表現力 6Kシネマカメラをドラマ撮影に 最新作ではカールツァイス新レンズ 連続ドラマの8K収録も/WOWOW
データ放送通信コンテンツ 日テレと連携し関東で提供/中京テレビ
二つの政府検討会(上) オールジャパンは不成立 NHK常時同時配信
 プロ機器
Inter BEE 2018 レポート 
├LAWO音声卓の新版初披露 IP映像制作に対応/オタリテック
├新ワイヤレスインカム 大規模な同時通話を実現/タムラ製作所
├「アトモス」ステージ構築 小規模な環境での制作を訴求/タックシステム
├音声分離やノイズ除去ソフト実演/クリプトン・フューチャー・メディア
├12G対応の「KONA 5」を発売 8Kワークフローも披露/AJAビデオシステムズ
├撮影から伝送・送出まで4Kソリューションを提案/池上通信機
├一般回線で双方向セッション マルチチャンネル音声で実現/ヒビノ
├タリーコントローラー実演 ポータブル型スピーカーなども/松田通商
└取り扱いWSが認定機に FLAME用に最適化/エヌジーシー
2.4GHz帯を使ったコミュニケーション装置/オタリテックが発売
ウィンドウズ10によるプロレゾ出力に対応/アドビ「プレミアプロ」
デジタルコンテンツのアーカイブ技術を学ぶ/MPTE第43回勉強会
第40回ぴあフィルムフェスティバル in 京都



2018年12月17日号
発売中

映像新聞は
毎月4回(月曜)
の発行です





 

 
会社概要 | 映像新聞とは サイトマップ | お問い合わせ | 当ウェブサイトご利用にあたって | 個人情報の取り扱いについて
©Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社