映像新聞は月4回発行のため、10月29日の発行がありません。次は11月5日になります。


映像新聞社では、株式会社ズノーと業務提携し、同社の展開する入札情報提供サービスと連携した「映像入札王」を提供いたします。こちらのページをご覧ください。




AbemaTVは成功できるか
18年度、番組費に270億円 週間の実利用者数は600万
月間総視聴5300万時間に
収入は63億円に急伸 電博の資本参加で営業に拍車

 インターネット上でメディア・広告・ゲーム各事業を展開するサイバーエージェントが10月25日、2018年9月期の決算を発表した。売上高は前期比で2けた増だが、営業利益は1.8%の減益となった。その要因はAbemaTVの赤字だ。同サービスは、視聴実績は着実に伸びているものの、赤字額は減らない現状がある。AbemaTVのビジネスは成功するのか、これまでの軌跡を振り返りつつ考えてみる。(特別取材班) 〈続きは本紙で〉

 2018/11/5号 主な記事
キャドセンターが3D都市データシリーズ3作目を発売
ネット常時同時配信/民放連がNHKに8項目の要望書
IBC2018レポート(4) デジタルシネマ関連イベントを実施
出展各社が「Inter BEE 2018」最新機器を発表


 インターネット/通信
AbemaTVは成功できるか 18年度、番組費に270億円 週間の実利用者数は600万
 プロ機器
新4K8K対応ブースター発売/DXアンテナ
NABショー・ニューヨークが開催
├ATSC 3.0 移行へ関係者が討論
├4K対応リモートカメラ 「AWシリーズ」を初披露/パナソニック
├マルチフォーマット対応 4Kモニターを展示デモ/池上通信機
├4Kカムコーダー新製品 20倍ズームレンズを搭載/JVCケンウッド
└新製品の波形モニターやラスタライザーなど出展/リーダー電子
EOS C200に新ファームウエア 常時記録機能を搭載/キヤノン
カラーポジフィルムを販売 アナログの再人気を受け/コダック
ドローン撮影の色調整が簡単に 大型カラーターゲットを発売/エックスライト
ポストIBCを開催 4K HDR制作などをデモ/アビッド
IBC2018レポート(4) デジタルシネマの状況と課題
Inter BEE 2018が14日から開催 出展各社が最新製品を発表
├8K小型カメラを出展 明暗差への対応が可能/パナソニック
├出展説明会 12G・IP製品を披露 クラウドの字幕制作装置も/朋栄
├4K60Pをライブ制作 収録からスローリプレイまで/さくら映機
└LiveUの新製品を発表 SDIで4K60P対応/三信電気
京セラが小型・薄型アンテナ出展 金属上でも特性低下なし 工場などのセンシング提案
開催迫るシーグラフアジア 12月4-7日 東京国際フォーラム AR・VRが初の独立プログラム
Inter BEE 2018が14日から開催 IP伝送などの特別企画が発表
全映協フォーラム2018 11月15日に幕張で開催 地域映像コンテンツの可能性探る
東京国際プロジェクションマッピングアワード 17日に発表会と最終審査
ギャラクシー賞CM入賞作品を見る・聴く会



2018年11月5日号
発売中

映像新聞は
毎月4回(月曜)
の発行です



11月14-16日開催


 

 
会社概要 | 映像新聞とは サイトマップ | お問い合わせ | 当ウェブサイトご利用にあたって | 個人情報の取り扱いについて
©Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社