■2018年4月9日号


■「国立映画アーカイブ」開館記念 10日から企画上映第1弾 日本映画史を振り返る
 4月1日に日本で6番目の国立美術館「国立映画アーカイブ」(旧・東京国立近代美術館フィルムセンター)が開設したことを機に、1年間「国立映画アーカイブ開館記念」を冠した企画上映ならびに企画展を実施する。
 企画上映第1弾の「国立映画アーカイブ開館記念映画を残す、映画を生かす。」では、1952年の東京国立近代美術館(当時は国立近代美術館)フィルム・ライブラリー事業から始まった、日本における映画アーカイブの歩みを振り返る。多くの映画人と関係者、フィルム所有者の協力を得て収集・保存された8万本を超える所蔵フィルムの中から、日本映画史上の代表的な映画人・トピックを収めた映像を厳選し、その映画人の代表作や近年の復元作と併せて紹介する。
 『煙突の見える場所』『生きものの記録』では、今回新たに作製した可燃性オリジナルネガからのダイレクトプリントで、作品本来の美しい白黒映像で上映。小津安二郎、衣笠貞之助、黒澤明、稲垣浩監督らそれぞれの演出風景を収めた貴重な映像、マキノ雅弘監督のプライベート映像を初めて公開する。
 日本映画の歴史を築いた映画人たちの個性を、プライベート映像と映画作品と合わせて立体的にとらえることができる。日本映画の歴史を築いた映画人たちの軌跡とともに、アーカイブに遺された豊かな映画文化が楽しめる。
【会期】4月10-22日(時間は上映スケジュールによる)
【会場】国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU(旧・フィルムセンター大ホール/東京都中央区京橋3-7-6)
【定員】310人(各回入れ替え制・全席自由席)
【料金】一般520円、高校・大学生・シニア310円ほか
【詳細】www.momat.go.jp/fc/exhibition/nokosu-201804


■「O2O2O」最新動向 今後の可能性を議論/次世代メディア研究所
 次世代メディア研究所は、特別セミナー「O2O2Oが拓くメディア・流通・広告主の次」を4月26日に開く。
 4月から視聴率の測定方法が変更され、一方で広告主と流通業者との取引が変わりつつある。こうした変化の前提には、広告の目的が認知だけではなく、行動喚起へとニーズが移り始めているとみられ、これをいち早く実現する動きが「O2O2O(On air to Online to Offline)」だ。
 放送を見ている視聴者にクーポンを配布する。受け取った視聴者は店に出向き商品を受け取る。この方式により、広告主にとっては商品宣伝と流通対策、流通事業者は来店者と売上の増加、そして放送局はスポンサー確保と視聴率向上をもくろむ。
 こうした取り組みは好評で、ローカル局を対象にした企画は数カ月先まで予約で埋まり、全国放送でも積極的なキー局が出てきているという。この「O2O2O」の最新動向と、今後の可能性を議論する。
 講師(予定)は、ビーマップ代表取締役社長の杉野文則氏、流通アナリストの渡辺広明氏。モデレーターは、次世代メディア研究所代表の鈴木祐司氏が務める。
【日時】4月26日/15時30分-18時
【会場】インテージ秋葉原ビル・セミナールーム
(東京都千代田区神田練塀町3番地)
【受講料】法人会員契約企業は契約人数まで無料、一般参加は2万円。
【申し込み】jisedai-media.main.jp/home/reception


■技術動向をいち早く NABショー報告会/DCAJが24日に開く
 デジタルコンテンツ協会(DCAJ)は、ビジネスセミナー「NAB SHOW 2018報告会」を4月25日に開く。
 米国・ラスベガスで12日(現地時間)まで開催の「NABショー」における技術動向をいち早く伝える。講師として、映像新聞の論説委員で、日本大学非常勤講師も務める杉沼浩司が登壇。NABショーを毎年定点観測している、デジタル業界に関する専門家ならではの視点で分析する。
【日時】4月25日/15-17時
【会場】DCAJ会議室(東京都千代田区一番町23番地3 千代田一番町ビルLB)
【参加費】一般2000円、DCAJ法人会員無料
【定員】35人(定員になり次第締め切る)
【申し込み・詳細】www.dcaj.or.jp/news/2018/04/dcaj-nab-show-2018.html
【問い合わせ】DCAJセミナー窓口=semi0425@dcaj.or.jp


■イースペック第69回機材塾「FLXSセミナー」
 Zero88の次世代ライティングコンソール「FLXS」を実際に操作して、その機能が体感できる。「FLX」の小型版コンソールである「FLXS」が発売されて3カ月が経過。これまでのFLXとの違いなどについて解説する。購入者は実機を持ち込み説明が受けられる。事前予約制。
【日時】4月18日/13時30分開始
【会場】イースペック(大阪市浪速区恵美須西1-1-4)
【申し込み】e-spec.co.jp/kizaijuku/reserve



VISUAL COMMUNICATION JOURNAL THE EIZO SHIMBUN ©Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社